陰と陽の話

陰と陽の話

format_quote

物事の捉え方で、こんな癖をつけてみてはいかが?

2 min read

光が当たれば必ず影が出来る。

影ができるところには必ず光がある。

ポジティブがあればネガティブもあるし。

僕はめちゃくちゃポジティブですけど、同じくらいのネガティブが心の中に出てきます。

それはもう、ワンセットだから仕方のないことだと割り切っています。

意識をどっちにフォーカスするかだけです。

僕も天候不順で不作が続けば、これはまずいなぁとネガティブが押し寄せます。

天候不順に対して脆弱な自然栽培農家は、このままだと増えないよなぁというネガティブな考えが出てくるわけですよ。

でもだからこそ、そのピンチを打破して、生命力の強い菊芋の商品化をしようとか、

そのルートを確立出来れば、自然栽培農家から菊芋を買い取れるから、

未来の自然栽培農家の販路の1つにもなるだろうとか、そういう事が瞬間的に思い浮かびます。

要するに影が出てきたら、そこには必ず光もあるということだから、「光はどこかな?」と探しましょう。

あと、これは僕も通った道だけど、

例えばお金がないなら「お金が無いよ〜!」と不安になるのはやめること。

それじゃあ、豊かさは引き寄せられない。

不安ていうのは影の部分にフォーカスしてると出てくる感情です。

光にフォーカスするには、「無い」じゃなくて、「有る」を数えてみましょう。

仕事もある。友達もいる。住む家もある。産んでくれたお母さんや命を繋いでくれたご先祖もいる。家族がいる。

それら有るものに心を向ける。

もしそれらが無い時には、究極には吸える空気があるじゃないですか。

空気がなかったら苦しくてすぐ死にますよ。

実感したかったら、息を止めてみること。

「うぅ。苦しい。も、もうダメ!すぅ〜っ」

と息を吸って見ればその有り難さがわかるというもの。

「無い」という事象は「有る」という事象に気付かせる為に起きるものだということを覚えておきましょう。

そして、人生の色んな時に「無い!足りない!」と思ったら

「有る!いっぱい有る!恵まれてる!」と思えることを探してみましょう。

視点を影から光へと移すわけです。

そして、な〜んだ自分はめちゃくちゃ豊かだったの忘れてたよ!と考え直して、今あるものに感謝をする。

言ってしまいますけど、

お金に困るという事象は魂的に言えばですね。

貴方はもう光の方に目を向けて、感謝をする段階にきていますよということです。

誰もが通るステップです。

それを乗り越える方法は「有る!」を見つけて感謝する。

そんだけ!

具体的にはノートに書き出して、毎日みて感謝をする。

そうやって潜在意識に染み込ませる。

僕はそれをひたすらやった。20代の時に。

今日は陰と陽のお話でした。

陰が生じる為には陽が必要で、陽が生じるためには陰が必要。

絶対に切り離せない。

それが自然界の原理ですね。ここにはスムーズに生きる為のヒントがたくさんあるわけですね。

ありがとうございました!