Stuck La Tacos project

Stuck La Tacos project

format_quote

起業される方の目線になり無理、無駄の無い持続可能な運営をサポートするのがこちらのプロジェクトです。

1 min read

現状分析: 中山間地である道志村。飲食店に ”推し” がなく集客に難儀している。
 
企画の目的: ライダーが多く集まることから2輪業界のインフルエンサーを起用し集客を図り、その効果測定を同時に行う。

企画の具体的内容: インフルエンサーがPRを行うと同時に ”推し” になり得るメニューの考案を行い販売をする。単価向上の為、物販も併せて行う。

インフルエンサーの得意領域に特化したPRを実施。費用対効果を鑑み、ツールは用いずTwitterのみに絞る。一般のアカウントで同時に同様のPRを行い効果測定を行った。
”推し” となるメニューは同一エリアの提供メニューと差別化を図り、かつ、食材調達が不便な地域であるため、現地で調達可能またはAmazonなどのECサイトにて調達の出来る材料でメニューを決定した。また、観光客のみならず地元民にも満足してもらえるということを念頭にメニューは検討をした。

ライダーを中心に集客したことから、安全運転のPRも行った。
更には ”寄付コーヒー” と名付けた飲み物を提供し、カップにはインフルエンサーがサインをし購入者はその物の写真を帰宅後にSNSにアップロードするよう促した。
これはライダーが無事に帰宅したことを意味するとともに、PR効果を拡げる狙いがあった。
この取り組みは地元新聞社の目に留まることになり取材を受ける結果となった。
短期間の営業期間であったものの、スタコラタコスと検索をすると当該ページが上位表示されるなどSEO効果についても予想外の結果をもたらした。

2021年の夏には地元の飲食事業者と共に "スタコラタコス" のネーミングでタコスの販売を行いました。既にある、ヒト、モノで運用可能なものを選定。最小の費用で最大の効果を発揮を軸に企画を行いました。期間限定の営業にも関わらず2輪専門誌や地元新聞社の取材を受け、一定の支持を頂く結果となりました。

起業される方の目線になり無理、無駄の無い持続可能な運営をサポートするのがこちらのプロジェクトです。