80対20の法則のさらに先

80対20の法則のさらに先

format_quote

5%の法則と2%の法則

3 min read

皆さんも80対20の法則というのは聞いたことがあるでしょう。

100人の集団がいたら、自発的な行動が出来るのは20人だけで、残りの80人は一般大衆という法則。

よく言われるのはここまでですよね。

でも、僕が興味があったのは、さらにその先です。

その自発的な20人は、さらに15人と5人に分かれるのです。

15人は積極的に運命を良くしようと努力する人。

5人は運だけを気にし、自分で努力はしない。

そして、積極的な15人が残るわけです。

さらにここから10人と5人にわかれます。

10人はそう簡単には諦めない人達。5人は先に諦めてしまう人達。

そしてまた、10人が残るわけです。

このうち5人はやるからにはやるという人。

もう半分の5人は運が良ければやるし、運が悪ければやらないという人。

最初の5人が残ります。

この時点で、100人中の5人が選出されました。

この5人は自分で綿密なプランを立て、その達成に向けて努力することが出来る人です。

5%の法則といいます。

ナチス・ドイツはこの5%の法則を知っていました。

アウシュビッツ強制収容所の看守は少人数でこの5%の人達のみを監視していたのです。

収容した人々の言動を観察し、リーダーになる5%を面接で見破って、彼らを厳重に監視しました。

5%の人以外は一般大衆だから、監視などしなくても自ら逃げ出したりしないと考えていたのです。

なので、三千人の収容者に対して、たった20人しか看守がいませんでした。

しかし、この5%のさらに先があるのです。

それを2%の法則といいます。

100人中、わずか2人だけしかいません。

この2名は自分が狼である事を悟られないように、

自分が一般大衆であるかのように振る舞う事が出来るのです。

弱くて無能な振りをしながら、情報を収集し、プランを立て、静かに遂行する事が出来るのです。

この2人こそが、どんな絶望的状況からでも、現状を打破する事が出来る真のリーダーです。

この人はどんな人かと言うとですね、

普段から自分の現実は、自分の思考や意識が作り出している事を知っています。

そういう人は自分が使う言葉に細心の注意を払います。

決して不平不満は言いません。

言葉が現実をつくっているということを理解しているからですね。

あんまりいませんね。さすがに2%しかいないので。

けど、世界人口が80億人だとすれば、その2%が1億6千万人ですから、

結構な数が地球の真のリーダーとなりますね。

日本人である僕たちは、ちょっと意識を変えれば、すぐここに入れるんじゃないかなと僕は思っています。

いつからでも。気付いた時から。

宇宙人からみたら、そういう人達に交渉事をするのだろうなと思います。

政府とかではなくてね。

暑くなってきました。熱中症にお気をつけて下さい!

ありがとうございました!